昼キャバ、キャバクラを使い分けて高収入に

スタッフ nude girl

キャバクラの基本スタッフはいくつかに分類することができる。
まずメインとなるのはキャストと呼ばれる女性スタッフである。俗にいう「キャバ嬢」であり、接待業務がメインとなる。
求人でもキャストやフロアレディ募集と記載されている場合は、この業務を指している事が多い。

男性求人でメインとなるのはボーイである。ボーイは清掃業務や裏方、料理運びや会計業務など様々な業務を担当している。
はじめの内は清掃など簡単な業務を行い、成績が上がれば徐々に別の仕事を与えられることが一般的な流れとなる。
また、店長候補や幹部候補、成績優秀なボーイは「つけ回し」と呼ばれる業務を行う場合がある。
これはキャストをどのテーブル(客)につかせるかを指示する立場であり、店舗にとって売上を左右する重要な業務である。

その他の業務ではエスコートレディ、キャッシャーがフロアに存在するスタッフとなる。
エスコートレディは客をテーブルまで案内するスタッフであり、主に女性が行う。時にはバニーガールの衣装を着用する。
キャッシャーはいわゆるレジ係である。キャバクラでの会計はチェックと呼ばれ、ボーイがテーブルとキャッシャーを行き来して行う。

キャストは業務を行う際、ドレスを身につけることがほとんどである。
ただし、店の営業方針によっては私服やコスプレで行う場合がる。近年はコスプレクラブなど、サブカルチャーを意識した類似店舗も多い。

ドレスはキャバドレス、キャバスーツと呼ばれ通販や店舗販売されている。
入店(採用されて業務に出ること)してまだ日が浅い場合は、店舗からドレスを貸し出されることが多い。しかし、基本はキャスト自身が用意したドレスを着用することとなる。
ほかにも靴、アクセサリーなどもすべてキャストが用意することとなる。

また、ドレス似あわせてヘアセットをする場合もある。その場合店によっては専属の美容師及び、提携美容室がある場合が多い。

キャバクラの基本業務は、客の隣りに座って酒を作り、歓談するというものである。
基本的に客にはくつろいでもらい、快適な環境を与えることが求められる。
グラスの水をこまめに拭きとる、客がたばこを出した場合はすぐに火をつける、トイレに行った後はおしぼりを用意するなど細かい気配りも業務に入っている。

また、キャバクラの特徴としてキャストに触れることを禁止しているというものがある。
いわゆる「おさわり」と呼ばれる行為は全面的に禁止されており、これを行った場合は注意し、それでも改善されない場合は出入り禁止の措置をとることもある。

Portrait of a smilling brunette woman
sexy girl

求人

神奈川のメイドカフェでバイトをしたいならこちらをチェックしましょう!楽しい気分でできるお仕事ですよ!

高収入な求人のひとつに、キャバクラなど接待をメインとした仕事がある。
接待をメインにした仕事には、ほかにはスナックやクラブがある。また、男性が従業員となって女性に接待を行うホストクラブなども存在する。

キャバクラは、基本的に夜間の営業となっているが近年は昼キャバと呼ばれる店舗も存在する。
昼キャバとは名前の通り、日中に営業するキャバクラである。対象としては、夜間営業の店舗で働く従業員を対象にしていることが多い。
それ以外にも、日中に時間を取りやすい顧客を対象にしていることもあり、客層は様々である。

こうした女性や男性が、客の隣りに座って酒を酌み交わす業務のある仕事は高収入であることが多い。
夜間の業務は他の仕事と比べて時間の扱いが難しい点や、接待という特殊な業務に比例した金額であるからだとされている。
キャバクラと昼キャバは、基本的にルールは同じである。
基礎として挨拶をしっかりと行うことがあげられる。特に高収入求人の多くは、感情営業と呼ばれる気分を重視した業務内容となる為、基本マナーを求められることがほとんどである。

また、店舗では接待を担当する女性スタッフをキャストと呼ぶ。ちなみに客はゲストである。
それ以外にも女性スタッフはキャッシャー(これは男性の場合もある)やエスコートレディなどが存在する。
裏方には調理スタッフなども存在するが、裏方業務は男性スタッフが行うことが多い。

ほかにも給与に関しては、日払いが可能である。
求人情報でも日払いを売りにしている事が多く、なおかつ働き方次第では短期間でも高収入を得ることが可能である。


昼キャバを含め、キャバレークラブは位置づけとしては「接待飲食店」となる。
接待飲食店とは、常時女性もしくは男性が客に対し接待を行う飲食店である。
夜間営業を行う場合は、自治体によって多少変動するが、多くは深夜0時~1時までには閉店しなければならない。
深夜から日の出までは営業が禁止される為、その間はどの店も開店することができない。特に90年以降は取り締まりが厳しくなっている。

しかし、徐々に夜間営業だけではなく日中営業を行う店舗も増えつつある。
昼間にも営業を行うことで、通常の店舗に足を運ぶことが難しい顧客を呼びこむことができる為であると言われている。

ちなみに店にはそれぞれ特色を設けている事が多い。
若い女性をメインに雇用する店や、人妻と呼ばれる30代前半女性をメインに雇用している店など様々な種類が存在する。

システム girl lying on the bed

昼キャバは、夜間に営業するキャバクラとはシステムが異なる点がいくつか存在する。
そのひとつがセット料金の関係である。セット料金とは、来店し利用した際に発生する料金のことであり、指名料、時間料などをまとめたものとなっている。
昼キャバの場合は、その料金が定額制である事が多い。すべての店がそうとは限らないため、事前に情報を集めておくことは必要ではある。しかし、割合としては1~2時間定額制飲み放題という店は多いと言われている。

また、早朝から出勤できる店舗の場合は早朝出勤手当(バックとも呼ばれる)が出る事が多い。
この出勤時間に関するバックシステムはキャバクラと共通している場合もあり、ラスト(閉店)まで出勤した場合もバックが発生することがある。
昼キャバの営業時間は20時ぐらいまでが一般的な為、通常のラスト出勤よりも実施しやすいというメリットがある。

昼キャバでは、アルコールを提供したりキャストが飲むということはあまりないと言われている。
その為、飲酒が苦手な女性でも働きやすい環境となっている。また、泥酔客なども比較的少ないのも特徴である。
また事前にアルコールは苦手であると申告しておくことで、接待時にこのキャストはアルコールは飲まないというアピールが可能になる。

そのほかの飲食に関しては通常のキャバクラと同様である。

昼間に営業している店は、客層が夜間に働いている人々や定年退職者、時間にゆとりのある経営者であると言われている。
全体的に年齢が高めであることが多く、キャストの年齢もキャバクラに比べると高めになる。
ただしあくまで割合の話であるため、すべての年齢層が高いというわけではない。

昼間の営業では、比較的ゆったりとした雰囲気であることが多い。
また、女性の客も受け入れている店が多い。夜間に比べて入りやすい雰囲気を持っていると言われている。

収入 girl lying

キャバクラや昼キャバというのは、お店で働く女性の方が男性と一緒にお酒を飲んで、様々な話をしたりするお店の事である。
また、キャバクラは高収入な職業ということで、最近では多くの女性たちが求人情報誌などで探して、働くようになっている。

高収入というのは、給料が高いという時に使う言葉だが、正確にいくら以上の収入が高収入なのかというのは決まっていない。
一般的には、昼間の仕事よりも夜に働く仕事の方が高収入だと言われ、お店によって様々な条件が設けられたりしている。

高収入と言われる職業は、基本的に昼よりも夜の仕事の方が多く、性別で分けてみると男性よりも女性の方が圧倒的に需要が多い。

職種は様々で、キャバクラやガールズバーの他にも、クラブやスナックといったお店も比較的高い収入を得ることができる。
また、それぞれのお店によって楽しみ方などが異なったりするので、収入だけでなく自分に合ったお店を見極めて働くと良いであろう。

高収入のお店でアルバイトを始める女性は、様々な目的や目標を持って働いている。

例えば、独立を夢見る女性。
自分で会社を立ちあげたい…しかし、実際には多くの費用がかかったりする為、簡単には企業する事ができない。
だから、高収入のお店で働いて、自分の会社を設立する為の費用を稼いでいるという女性が多い。
また、大学生などは学費を自分で稼いだり、生活費を稼ぐ為にこうしたお店で働き、学生生活を送ったりしている。